読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中に友達100人できるかな

直感とノリで生きていたら34歳でドイツ移住!英語とドイツ語を学びネタに事欠かない私の人生いろいろブログ

ドイツのほのぼの生活

はろーろいて!

 

前回は、ドイツ語語学学校で起きたアンビリーバブルなお話を書きました。

maronpanna.hatenablog.com

 

今日は、ほのぼのしたドイツの田舎生活について書きたいと思います。

 

私はハンブルク中心街から、40キロ離れた人口1300人の小さな村に住んでいます。

ダブルハウスと言って、家と家がくっついた一軒家に、私と栗ちゃん、栗ちゃんの肝っ玉お母様と住んでいます。

栗ママの家には割と大きなお庭があるのですが、春になると芝がグングン伸びるので定期的に、芝刈りが必要になってきます。

f:id:maronpanna:20170507022217j:image

 (我が家のQueen リリーちゃん)

 

それに加え、タンポポ狩りもしなければいけません。
私的には、緑の芝生に黄色いタンポポが咲いて綺麗だな〜なんて思ってたのですが、
タンポポは雑草の一種で、栗ママ曰くすごい勢いで増えていって、芝生をダメにするそうで、憎きタンポポって感じで厄介者扱いですw

f:id:maronpanna:20170507022306j:image

なので、雑草を根こそぎ狩るスコップで、タンポポ狩りをするのです。

 

 

f:id:maronpanna:20170507022357j:image

このスコップを根元にグサっと差し込んむと、根っこがぶちぶちっと切れる音がします。すると簡単に引っこ抜けます。

 

f:id:maronpanna:20170507022524j:image

 

これがとっても地味な作業なのですが、慣れてくるとだんだん楽しくなってくるのが不思議w

東京に住んでいる時は、タンポポ見つけるのもそう簡単ではなかった思い出があります。
都会暮らしに飼いならされた私にとって、タンポポ引っこ抜くのはちょっと可哀想な気持ちでしたが、根こそぎぶちぶち狩る感覚はなかなか癖になる快感がありましたw

おまけに、近所の菜の花畑。

f:id:maronpanna:20170507022549j:image

 

f:id:maronpanna:20170507022600j:image

 

この時期、カントリーサイドをドライブすると至る所でこの光景が見られます!
一面黄色のフィールドは素晴らしく綺麗です。
ちなみに菜の花畑ドイツ語でRaps ラプスと言います。


やっと寒いドイツにも春が来たお話でした。

ここまで読んで頂きありがとうございます!

 

ちゃおっ

 

広告を非表示にする